1. HOME
  2. 田舎暮らしコラム
  3. 古民家
  4. 『私たちの家』 ~大町市で古民家を改装して住む~ 3

田舎暮らしコラム

『私たちの家』 ~大町市で古民家を改装して住む~ 3

大町市へ中古住宅の撮影に行ったついでに、以前取材させていただいたご夫婦を訪ねました。
あの「古民家を改装して住む」と言っていたご夫婦はその後どうしているか、気になっていたのです。 

 

 9ヶ月ぶりに、急にお邪魔したにもかかわらず、ご夫婦は快く迎えてくれました。
広い庭の遠くの方で焚き火をしていて、煙のにおいがずっと漂っていました。
古民家から出た端材を、ずっと焚いているのだそうです。
田舎育ちの私には懐かしい秋のにおいです。
秋になると、枯葉を集めて焼いたり、田んぼのあぜ焼きをしたり、掘りごたつに入れる炭を作るために籾殻を焼いたり、何かと煙がたっていたのを思い出します。

そして、二人で修理し、作り上げた家。
9ヶ月前とは全く違う、家と庭がそこにありました。
庭には虫除けになるからと植えたマリーゴールドがたくさん咲いていました。
他にも野菜が数種類。
今年の夏には食べきれないほどの野菜が採れたそうです。

 

 

6375.jpgのサムネール画像

廃材を半分燃やして、
やっぱりもったいないと
思って庭に配置したオブジェ
妻直子さんのセンスが光ります

6380.jpg

遠くで絶えず煙を上げている端材

 6378.jpg

1年かけて作り上げた庭

 
6382.jpg

 すっかりきれいになった壁
以前と比べると見違えます

 

予定では、もうカフェをオープンさせているはずだったのが、2階の雨漏りや、床下へ入り込んだ雪解け水などにじゃまされ、後回しにする予定だった工事などをしているうちにもうすぐ2度目の冬がやってきます。
改修期間1年の予定が、後半年で2年になります。
今は玄関を直しているそうです。
そんな中でも9ヶ月前と変わらない笑顔を見せるご夫婦。
来年、暖かくなったら今度こそカフェをオープンさせるそうです。

改めて考えると、そのパワーはどこから来るのかと思います。
人の力で地道にやっていくのはすばらしいことだけれど、長期間そのモチベーションを保つのは大変なことです。
実際、自力で家を建てようとして、または田舎へ住もうとして改修作業をしながら、結局日々の忙しさに追われて家が完成できずにいる人たちを何人も知っています。
「どうしてあきらめずに続けられるんですか?」
この質問にも力強い返事が返ってきました。
「はじめたら止められないじゃないですか」
その答えは、力むこともなく、へこたれた風でもなく、ただ普通に、当たり前のようでした。
この二人にとってこの仕事は、やらなければならないことだし、大変なことだけれど、苦しいことではないのだと思いました。

来年春、カフェをオープンするときはまた連絡をしてもらう約束をして大町市を後にしました。
妻と話している間に夫は玄関を改装仕事に戻っていました。
時間を大切にする。
焦らない。
止めない。

来年こそ素敵なカフェがオープンすることと思います。
楽しみです。

 

 6408.jpg

元々家にあった古い和家具
今ではなかなか手に入らないものです
 


6394.jpg

 普通とはちょっと違ったほうがいい
和紙を張りました

 


6417.jpg

ちゃんと出来上がるか
一番心配していたお風呂
でもこの通り

6418.jpg

来年春
カフェオープンです 

 

 

 

2011.10.14 サポート隊 kaji